MENU

AI'S STORY
AI-deaの取組

このところ、毎日のように人工知能やAI(Artificial Intelligence)という言葉を見聞きするようになった。

AIとは言語の理解や推論、問題解決などの知的行動を人間に代わってコンピューターに行わせる技術。

人工知能を取り入れた応用分野として、特定分野の人間の知識を整理し、データとして蓄積しておき、
問い合わせに対してその意味を理解しながら、蓄積したデータを用いて推論、
判断するエキスパートシステムなどが挙げられる。
また、人間のしゃべる言葉や手書き文字を理解するパターン認識や
機械翻訳システムなどにも人工知能の技術が応用されている。

過去の人工知能は、膨大な知識やルールなどを人間が全て教える必要があり、
現実社会で通用するレベルにはなかなか近づけなかった。
だが、最近の人工知能は「機械学習」、つまりコンピュータが勝手にルールを学んでくれる技術が軸となっている。

特に、大量のデータから自分で物事を分類するルール(特徴量と言われる)を見つけ出す
「ディープラーニング(深層学習)」という技術のおかげで、
人工知能の能力が飛躍的に進化し、実用レベル、適用の幅、可能性が大きく広がったと言われている。

このディープラーニングや関連技術の発展により人工知能の実用化の可能性が広がっている。
自律的に学習する人工知能技術の登場によって精度の高い認識が可能となり、
さまざまな産業分野への応用や新規事業の創出が期待されている。
ビジネスの現場で人工知能の活用が進む日がいよいよ近づいてきた。

社会での人工知能の用途が期待されている分野はさまざまで
「予測・検知」「言語処理」「画像認識」「音声認識」などがある。
また、自社製品やサービスへの実装だけでなく、業務プロセスへの活用は、
さまざまな業種の企業にとって有用となる可能性がある。
多様なプレーヤーが多種多様な業務への応用を試みることで人工知能の進化がより一層進み、
さらに幅広くビジネスや業務に活かされていくという、成長のスパイラルが生み出されることが期待される。

ページの先頭へ